産後太り改善し隊

産後太りの改善方法

体重激増の産後太りで産後ダイエットを始めることにしました

without comments

初めての出産はとても難産で、赤ちゃんが生まれたのは入院して3日目の夕方でした。入院中は激しい痛みに襲われて、満足に食事すらできなかったので、出産直後の体重は、入院前よりも8キロも痩せていました。幸先の良いスタートだったので、これなら産後太りは無縁だと思っていました。しかし、実際にはそんなに甘いものではありませんでした。時間に関係なく赤ちゃんの泣き声に起こされて私はまともに眠ることもできず、とてもストレスが溜まっていきました。自分の食事の時間も赤ちゃんのお世話をしなくてはなりませんから、いつの間にかろくに噛まずに飲み込むようになりました。それが、産後太りを助長してしまったようです。早食いがクセになると少ない量の食事では我慢できなくなり、間食をたくさんとるようになってしまいました。食事も簡単に用意できる惣菜などが多くなり、カロリー過多になっていったのです。それでも、赤ちゃんがおっぱいを飲んでいる間は大きな体重増加はなく、産後太りが激化したのは、赤ちゃんが1歳を迎え卒乳を始めた頃でした。それまでは、「赤ちゃんのため」と言い訳しながら間食していた私でしたが、おっぱいを飲まなくなると体重はどんどん増え、妊娠前の体重よりも15キロも太っていました。もうじき公園デビューを控えているのに、こんな太った私では恥ずかしくて公園なんていけません。そこで産後ダイエットをすることにしました。まず始めたのは食事の改善です。脂っこい食事を控えて、ヘルシーな和食中心の生活に変えました。また、毎日のように食べていたチョコレートやポテトチップスを一切やめることにしたのです。これだけ見直しただけで、1か月で体重は3キロも減りました。それでも、まだ12キロも太っています。体重はもちろんですが、ポッコリしたお腹を引き締めることも気をつけました。毎日、ハイウエストのロングガードルを身に着けて食欲を抑えるとともに、ウエストシェイプを心がけました。もしかしたら、産後ダイエットで一番効果的だったのは、このガードルだったかもしれません。なかなか落ちなかった体重も5キロも減りました。産後ダイエット方法は、ここからが大変です。あと7キロ体重を落とすのに1年ほどかかりました。子供を抱きかかえて、ダンベル代わりに持ち上げて運動しました。子供も遊んでもらっていると思い大喜びでした。そして毎日、子どもとお散歩したり、公園で遊んだりしながら一生懸命体を動かしました。15キロものダイエットは大変でしたが、今となっては良い思い出です。

Written by admin

8月 5th, 2014 at 10:21 pm

Posted in